花見川区ボランティアセンター

花見川区ボランティアセンター

  • 写真:0枚
  • アクセス数:389
  • 官公庁

花見川区ボランティアセンター

住所:千葉県千葉市花見川区瑞穂1-1花見川保健福祉センター3階MAP
最寄駅:JR総武線新検見川駅(北口側)バス停から、京成バス「花見川区役所行」、「こてはし団地行」、「柏井高校行」に乗車し、「花見川区役所」下車または JR総武線幕張駅(北口側)バス停から、千葉シーサイドバス「花見川区役所行」に乗車し、「花見川区役所」下車

ご予約・お問い合わせはこちら

043-275-6438

「ホームページを見た」とお伝え頂くとスムーズです

【募集終了】『災害時のボランティア活動を知る』受講者募集中

花見川区ボランティアセンター

45日前

  • イベント・体験会

募集は9月11日に終了しました。

~令和元年千葉県内風水害時の活動より~

近年、災害は大規模化・多様化し、日本各地で甚大な被害をもたらしているとともに、災害弱者となりうる高齢者数も年々増加しています。

このような状況のもと、ボランティア活動や地域住民相互の助け合い活動は、災害発生後に被災者の暮らしを支える上で重要な役割を担っています。

この講座では、令和元年房総半島台風、東日本台風、10月25日大雨による災害の状況やその際に行われた様々なボランティア活動を知ることで、災害に対する備えを確認すると共に、「自助・共助」意識の高揚を図り、災害ボランティアの担い手育成を目指します(土嚢づくり等の簡単な実技も含む)。

ご参加お待ちしております。

※なお、新型コロナウイルスの影響により内容の変更、または延期または中止となる可能性がございますので、ご了承下さい。


プログラム(予定)

1.令和元年房総半島台風のふりかえり

2.災害が起きたときあなたにできるボランティアとは

3.知っておきたいロープワーク 他


講師紹介 加納基成氏 

千葉南部災害支援センター / 特定非営利活動法人ディープデモクラシー・センター

(プロフィール)環境運動から市民活動の世界へ。NPO・市民活動団体の支援をはじめ、 路上生活者の支援、 生活困窮、 障がいなど生きづらさを抱える人たちの場づくり支援など、千葉県内各地を駈けまわる。 障害福祉サーピス、 介護予防・日常生活総合支援事業(付き添い支援、移送サーピス等)サービス提供責任者としても活動中。2019年の台風15号を機に、千葉南部災害支援センターを立ち上げ、屋根のブルーシート展張講習会や、継続した支援活動の調整も行っている。


開催日時  ※8月28日から変更となりました

令和3年9月12日(日曜日)13:30 ~ 16:30(受付 13:00~)


開催場所

花見川保健福祉センター 3階 大会議室 (千葉市花見川区瑞穂1-1)


募集定員

先着30人


受講資格

千葉市在住・在勤・在学の方


受講料

無料(会場までの交通費等は自己負担)



こんな方にお勧めです

1.災害ボランティアに関心のある方

2.令和元年千葉県内風水害時の災害ボランティア活動の内容を知りたい方

3.すでに災害ボランティア活動を行っており、スキルアップを図りたい方

4.ご自分の地域で、ボランティアとして何か貢献できないか、とお考えの方

※本講座は、「ちばシティポイント」の対象講座です。「ちば風太WAONカード」をお持ちの方はご持参ください。


申込方法

電話(043-275-6438)または下記の申込書をFAX(043-299-1274)で送付ください。

申込書

  • 官公庁