チーム千葉ボランティアネットワーク運営事務局

チーム千葉ボランティアネットワーク運営事務局

  • 写真:0枚
  • アクセス数:618

〔健康・福祉〕点訳・音訳ボランティア養成講座 参加者募集中!

チーム千葉ボランティアネットワーク運営事務局

29日前

  • ボランティア

日時

(1)点訳ボランティア:5月12日~2021年3月の火曜日10時15分~12時15分。

(2)音訳ボランティア:4月30日~2021年3月の木曜日10時~12時。

いずれも、原則隔週開催。各全20回


【事前説明会】

(1)点訳ボランティア養成講座

4月14日(火)10:15~

会場:視覚障害者総合支援センターちば5階会議室

説明会当日の後半時間に、点字の50音を解説し点字の読み物をさしあげます。


(2)音訳ボランティア養成講座

4月16日(木) 10:00~

会場:視覚障害者総合支援センターちば5階会議室


場所 

社会福祉法人 千葉県視覚障害者福祉協会 視覚障害者総合支援センターちば

(〒284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3 )


内容

 視覚障害者のための、(1)点字図書(2)声の図書の製作ボランティアを養成

点訳とは

活字を読めない視覚障害者のために点字に直します。

点字はカナ体系ですので、本に書いてある漢字カナ混じり文をすべてカナに直します。カナだけで書いた文章は読みづらいので、分かち書きをします。

たとえば、「オショクジケン」と書かれていたら、あなたは何を想像しますか?

「汚職事件」ですか?「お食事券」ですか?

「汚職事件」ならば「オショク■ジケン」と、間でマスあけしますし、「お食事券」なら「オショクジケン」と全部続けます。点訳では、全文を文節分ち書きします。

中学生のときに習った文法の知識が役立ちます。 漢字を正しく読めることも大切です。


音訳とは

「音訳」「音声訳」は、視覚による情報取得が困難な人たちへ、①ききとりやすい音声で、②正確に、③できるだけ迅速に、届けることを目的としています。主体はあくまで聞き手であり、読み手の自己表現のためにするものではありません。いわゆる「朗読」や「読み聞かせ」のような、声を大きくしたり小さくしたり、声色を使ったりといった演劇的な手法は用いません。アナウンサーがニュースを読むような読み方に近いものです。


定員

 各20人


申込方法

それぞれの募集要項をよくお読みになり、お申し込みください。

■点訳ボランティア

申込用紙(募集要項から印刷可能。センターでも配布)に必要事項を記入し、郵送でお申し込みください。

宛先:〒284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3 視覚障害者総合支援センターちば点訳係

申込締切:4月10日(金)当日消印有効

▼点訳ボランティア養成講座募集要項

https://tisikyo.jp/tisikyo/wp-content/uploads/2020/02/2d3af9ed8236f76676eff5ef09d5a61c.pdf


■音訳ボランティア

4月10日(金)までに、センター点訳・音訳係(電話番号 043-424-2390)へ電話でお申し込みください。

▼音訳ボランティア養成講座募集要項 

https://tisikyo.jp/tisikyo/wp-content/uploads/2020/02/d38dfea62524d22b6a2ffcebe1dea9e2.pdf


問い合わせ 

社会福祉法人 千葉県視覚障害者福祉協会 視覚障害者総合支援センターちば

住所 〒284-0005 千葉県四街道市四街道1丁目9−3

電話 043-424-2390 / FAX 043-424-2486